17年11月-18年9月9日 エンジンカバー&ラジエーター制作
0

    今年の9月は大阪は台風21号、北海道は震度7の地震と災害の連続ですね…。
    僕の住んでいる所も結構大変でした、お見舞いもうし上げます。


    もうすぐモデラーズフェスティバル2018(今年も出させてもらえる予定です)があるので、完成しそうな方から作っていきます。

     

    F60のカウル開け状態の資料写真の中に、エンジンカバーが付いているものがあり自作してみました。
    プラ板でざっとした土台を作ってから、ポリパテを盛って制作。

    最近展示会で見たF1フルスクラッチの作品に影響されて「エンジンカバーぐらいなら」と思ってやりましたが、形状が全然把握出来ない(笑)

    なんども盛り削りしてやっとここまで来ました。

     

    ラジエーターも断片的な資料を見ながら、それらしい形に改造してみました。ラジエーター面はエバーグリーンの4525メタルサイディング1.0mm厚0.75mm幅を使用していますが、もう少し細かい方が良いかな?


    モデラーとしては最新F1の集積回路の様なパワーユニットは魅力的で、ぜひ再現してみたいのですが…、色々難しいですね。

     

    カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 21:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    18年8月1日-26日 タミヤ1/20マクラーレンMP4/7を速攻で作る!?
    0

      …というわけで、オートモデラーの集い関西(右側にそっと見切れています)でご覧の方はおわかりですが頓挫しました(泣)途中までは上手くいっていたんですけどね。

      マクラーレンMP4/5Bが完成し、そろそろ気軽に一台作りたいなと思っていた所に「今度のオートモデラーの集いでマクラーレンを並べよう」という話が出たので、それに乗りいつか作りたかったMP4/7をやる事に決めました。
      久々の早組みなので回り道せずに一気にやっていたのですが、今年の異常気象のせいかカブリやマスキングミス、カウルを割ってしまった等で、結局いつもの長期戦に戻る事にしました。
      また、MP4/7と言えばモナコGPにしたい!キットと比べると、意外と違いが多いのでじっくりやっていくことにしました。

       

      今回使用したのは旧白箱版です。この時代のデカールの蛍光部分は、クリヤーを吹くと後々にじんで来る場合が多いので、使わない予定です。

      ちなみに再販された黒箱のデカールにはShell(シェル)ロゴが入っていません。マルボロロゴも含めて考えるとTABUデザインのMP4/7 別売デカール(TABU20131)もしくは他のマクラーレンMP4シリーズから流用する必要があります。

       

      まずカウルのチリ合わせ、コクピット周りのインナーモノコックが干渉してカウルが浮き気味なので、シアノン+Mr.SSPパウダーで裏打ちしてから削り余裕を持たせます。MP4/7はフロントノーズ先までカウルが一体になっているので、スキマの余裕をもって合わせる事がポイントだと思います。

       

      アンダートレイも若干反っている様な気がしたので、思い切って割り、再接着。

       

      ちなみにエンジンは見せられる様にしたいので、裏側も削りますが、MP4/8で行ったカウルの底上げをした方が早いと思い、

      1.0mmプラ板をカウル下側に貼り付けています。

      モノコック側も底上げする予定でしたが、サイドポンツーン周りを横から見てV字型に切り込み再接着したらナゼかぴったりと合ってしまいました。

       

      ノーズ周りのモノコックとカウルもピタッと合うように削って微調整。

       

      ノーズコーン切り離しは位置決めが難しいので後回し。

      (0.4mm洋白線を打ち込んで位置を固定してから、ノーズコーン+モノコック先端+カウル先端にネオジム磁石をシアノン+Mr.SSPパウダーでピタッと位置が決まる様にする予定です)

       

      リアカウル+サスカバーも、ネオジム磁石をシアノン+Mr.SSPパウダーで固定して、位置決め。

       

      念のためアンダートレイとサイドポンツーンもネオジム磁石を埋め込んでおきました。

      (画像はシアノン+Mr.SSPパウダー整形前)

       

      フロントウィング薄々は、いつもの0.1mm洋白板を切り出し。今回はボーテックスジェネレーターまでの回り込みを綺麗に出したかったので、曲げ加工をしました。

       

      曲げるところにナイフで谷折り線を何本もつけてから、カッターの背を利用して折り曲げると上手い具合にできました。ダボは洋白板をハンダでとめています。

       


      オートモデラーの集いで、試作品と説明図を書きましたが、意外と見てくれる人が多かったです。

       

      次はモナコ仕様にする為の改造。サイドダクトが互い違いになっているので、元キットを切って位置の調整をします。上側はプラ板で塞ぐ予定です。

       


      フロントウィングのフラップは幅が広い感じなので、写真を見ながらプラ板を貼って見て、サイズを合わせ中。

       

      リアウィングは丸ごとタミヤMP4/8から持って来ればよい感じです(僕の場合は翼端板を薄々にする為に切り離しています)

       

      そんなこんなでとりあえず自立させました。

      カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/7 | 21:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      F1 模型 POLE POSITION様リンク追加
      0

        1/12のF1を精力的に制作されているFactory-U TOTOさんとリンクさせて頂きました。


        作品は車体と一緒にドライバーやヘルメット、エンジンやサインなどのアクセントが必ず入っていて、F1が好きな方なら「ああいいなぁ」と思わせる演出がされています。

        スクラッチ作品は、一旦レジンに置き換えているとの事。モデラーにとって経年変化は永遠の課題ですので、非常に参考になります。
        1/20は、僕が作りたい車種がほぼ完成…されていますね(!)

        今後は1/12で自分の好きなドライバーの作品をどんどん制作していくそうなので、大期待です。

         

        楽しみにしています!

         

        カテゴリ:川原模型資料館 | 22:26 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
        第6回関西オートモデラーの集いに行く その2
        0

          続きのF1編です。

          今年は関西初登場のF1モデラーさんの作品を多数観る事が出来ました。

           

          8マンさんのフェラーリ最新F1はボディ形状すら把握が難しい事が多いのに、この素晴らしさ。

          そして最新作はルノーとの事!いやが上でも期待が高まります。

           

          職業型師のF1工作部屋 ribechanさんのMP4-19B、形状出しもさる事ながら、ウィングやフィンへの塗装など「どうやってやっているんだろう…」というレベルの美しさです。手前の茶色っぽいものはスキッドプレートです「裏側だから見えないじゃないですかー」との事(笑)

           

          和歌山プラモデル合同展示会でもおなじみの大野さん、新作のプロター1/12フェラーリ126C2。タイヤが…との事。さらに「未公開の最新作もあり」との事、次回も大期待です。

           

          F1 模型 POLE POSITION Factory-UのTOTOさん。
          1/12のF1を3台、しかもマクラーレンMP4/7はフルスクラッチです!初めてお話しさせていただいました。
          細かいところもきっちり仕上げていて、素晴らしい精密度です。塗装の際のクリヤーはウレタンで、かなり力を入れて磨くとの事。光沢塗装ってゴールは一緒なんですが、そこに辿る道のりは十人十色です。色々なやり方を聞いて試して、自分にあった方法を見つけているのが、上手い人の共通点だと思います。
          今回相互リンクもしていただきました、よろしくお願いします。

           

          タミヤ1/20マクラーレンMP4-13、難しいWestカラーもしっかり再現。「再販するにしたがってフロントウィングの★マークやモービルマークが版権の都合?でデカールがなくなっているので注意です」との事、貴重な情報です。

           


          タミヤ1/20マクラーレンMP4-13、テスト仕様です。

           


          エブロ1/20マクラーレンMP4-31、赤のスーパーソフトタイヤは作品が締まる感じがして良いですね。

           


          タミヤ1/20レッドブルRB6、メタリック塗装が美しい。

           


          モデラーズ1/20フェラーリF92AT、当時から作り続けていたとの事、シートのバックスキンが良い感じです。

           

           

          そしてマルボロマクラーレン特集。MP4/2、MP4/5、MP4/5B後期、MP4/6がKen-1さん、MP4/4、MP4/5B前期、MP4/7、MP4/8が僕です(制作途中のMP4/7はまた後日に)。

           


          Ken-1さん新作のMP4/5は、スペシャルベースに!艦船模型のHさんに譲っていただいた1987-1988-1989-1990年の日本GPチケットを埋め込みました、僕もこの頃を生で見たかった…。

           

          雅ビルヌーブさん制作のタミヤ1/12ルノーRE30B、同時代の車が並ぶとテンションが上がりますね。

           

          Ken-1さん、フジミ1/20ウィリアムズFW16、モノコック側を延長(ノーズコーンとの接合部あたり)したとの事。

          色々言われているフジミFW16ですが、隣にタミヤを並べてモノコック延長のFW16と比べて見ました、違和感ない感じですがどうでしょう。

           


          今年は昼飯をカレー屋さんのマドラス(中サイズでも量が多い!)で。美味しいお店って、大通りから一つ入って探すとありますよね、大当たりでした。


          夜はお好み焼き、濃い話で大盛り上がり、時間が足りませんね。

           

          今年も制作意欲を沢山もらいました、楽しかったです。これからも皆さまよろしくお願いします。

          カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          第6回関西オートモデラーの集いに行く その1
          0

            もう6回目!今年も関西オートモデラーの集いに行って来ました。

             

            すこし多いのでその1-全体編と、その2-F1編に分けます。
             

            外はとんでもない猛暑ですが、カーモデラーの熱さの方が上ですね(笑)。

             

            ちょっと見にくいですが後方にスープラのラリー仕様が。細かいところまで非常によくできていて、かっこよかったです。

            超絶開閉ロードスターに幌付き版が加わっていました。可動も滑らか、そして圧倒的な精度です。

            フェラーリ333SP、モデラーズ製でした。

            今年はR31スカイラインか多かったです、キット化の影響か、みなさん待ち望んでいたのでしょう。

            エンジン模型の再現は、とどまる事を知らず!


            ヘルニアライダーさんの圧倒的なレース再現のジオラマ「シュワンツとの写真が!」

            8マンさんのフェラーリフルスクラッチ、とうとう大阪に上陸です。

            職業型師のF1工作部屋のribechanさんも大阪に来襲です。これ以外にも驚きの1/12が。単品でさらに撮影したのでF1編で紹介します。

             

            自分たちのスペースです、マクラーレンがずらり。MP4/4、MP4/5B前期、MP4/7(制作途中)、MP4/8が僕です。

            Ken-1さんはMP4/2、MP4/5、MP4/5B後期、MP4/6、そして作例を中心にワゴン(しかも自分の車)特集と、Gr5。

            ハイギヤードさんのMR2バリエーション、今年はパトカー!多くの熱い視線を集めていました(早めに撮影してしまったので、未撮影多しです…)。

             

            今回の企画はスバル(六連星)、予想外に多くの車が集まっていました。


            こちらは、主催者の方一人で全て制作!すごすぎる。


            ケロノリンさん制作のインプレッサとレガシー、ロスマンズは新作です。

            ラストは恒例の、カーモデルで埋め尽くし。6の字(第6回だから)をカーモデルで表現、熱いです!

             

            F1編に続きます。

            カテゴリ:模型イベント・展示会 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            第6回関西オートモデラーの集いに参加予定
            0

              もう当日になってしまいました。今年も参加いたします。


              タミヤ 1/20 マクラーレン MP4/4

              タミヤ 1/20 マクラーレン MP4/5B

              タミヤ 1/20 マクラーレン MP4/8を持って行く予定です。

              今年はマクラーレンがズラッと並びます、旧き良き時代のカラーリングです、見応えありらますよ。


              それと、製作途中のタミヤ 1/20 マクラーレン MP4/7も持っていきます、塗装した後ではわからない、改造点などが参考になると思います。


              8月26日、日本橋ボークスの8階で開催です、よろしくお願いします。

              カテゴリ:模型イベント・展示会 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              和歌山プラモデル合同展示会2018に行く
              0

                和歌山プラモデル合同展示会2018、2日目に展示させて頂きました。

                今年も例年どうり和歌山線に乗り布施屋へ。河南コミュニティーセンターが見えてきました、それにしても暑い…。

                やっとたどり着きました。館内涼し!作品いっぱい!観客が麦わら帽子の少女の様に見えてきました(笑)

                 


                ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)ファイナリスト!小学生ぐらいの方との事ですが、創意工夫と見栄えの良さ。
                コンテストで入賞って最高に嬉しいですからね、これからも楽しんで作っていってほしいです。

                そしてその隣は、楽しみすぎた大人たちが制作したミクへんげ!良い対比です。

                 

                バイク、レプソルホンダの3台(年代をあてられたらすごい)から、全日本の89木下RS500(撮影し逃したのでこちらで)は3つしかない写真(しかも動画とか低解像度の画像とか…)を前後年のロゴから推測し作って行く!?という究極の楽しみを突き進んでおりました。

                 

                キャラ系、ディープストライカーが既にある!ガンプラ旧キットを作って見た!も。モデルガンは水鉄砲を再塗装したもの、すごい精密感。今年は新しく入られた方々も加わり、よりパワーアップしているようです。

                 

                創作系も。実物の縮小だけが模型の楽しみ方ではない事がよくわかる作品です。

                 

                トラック、魚市場が完全再現。氷とか透明ランナーを切ってるんですが、氷にしか見えない!

                 

                鉄道模型、AFV、今年は戦車系が増えていました。発砲スチロールを薄めたエンジ色で塗ったらレンガ張りの道のベースになるというのは、目から鱗。

                 

                キッズコーナー、1/60ユニコーンを作ってる、すごい。

                 

                カーモデル、チューニングカーからレーシングカー、劇用車まで幅広い、そして1/12F1!

                 

                そのF1です。

                tanizaemonさんのMFH(モデルファクトリーヒロ)1/12マクラーレンMP4/4、細かいところまで行き届いたディティールとカーボン目のバランスが素晴らしい。

                 

                大野さんのMFH(モデルファクトリーヒロ)1/12マクラーレンMP4/5B、僕も1/20でモノコックのボルトを再現したのですが全然目立たなく、こちらのように若干メリハリを利かせた方が本物に見えます。模型はケレン味のさじ加減をどうするかも醍醐味の一つですね。

                 

                同じくMFH(モデルファクトリーヒロ)1/12ロータス97T、削り出しのホイールは1/12ぐらいのビッグスケールになると「削り出しパーツやで!!」的ないやらしさがなく、しっくり収まりますね。

                 

                MFH(モデルファクトリーヒロ)1/12マクラーレンMP4/8、制作前のキット状態も。ここから美しく塗装された完成品が生み出されるのです。

                 

                MFH(モデルファクトリーヒロ)1/20フェラーリF2007、初見から数年立っていますが全く劣化の兆しが無い、こういった作品を作りたいです。

                 

                雅ビルヌーブさんのタミヤ1/20ルノーRE30B、フルディティール。漫画の方が本体との噂!?どちらも人気なので相乗効果がすごい。展示会の展示方法の見本のような作品です。ただそれだけではなくカウル脱着もぴったり、このキットでここまでしているのは無いです。
                ぱっと見で惹きつけて、じっくり見て吸い込まれる、悪魔の様な作品です。

                 

                最後に自分のです。昨年持っていったヤマト2520が割と目を引いたんで、今年は松本零士系4作品を。

                 

                バンダイ1/700パトロール艦ゆうなぎ、艦橋アンテナやレーダーなどを0.5mm洋白線や0.1mmアルミ板でシャープに仕上げ、各ダクト類は薄々でプラモ感を消しています。松本メカの特徴的ディテールであるフィンの先端などをしっかり削ってシャープにするなど追加工作をしっかりするとスケール感が格段に上がります。塗装はスプリッター迷彩で決まりです。

                 

                バンダイ1/500宇宙戦艦ヤマト(旧キット)は波動砲を全面改装、細いところを金属線や薄々でシャープに仕上げています。甲板はMr.カラーC44タンにエナメルブラウン+フラットベースを薄めて適当に塗っただけですが、木に見えますね。

                 

                1/1600クイーンエメラルダス号、ちょっとだけ筋彫りにディティールを追加するだけで驚くほど良い感じになりました。あんまり派手な迷彩にしない方がリアルに見えます。ゴンドラ部分に二等辺三角形に切り抜いた真鍮メッシュを貼り付け、網に見える様にしました。

                 

                1/1000アルカディア号(再販前のキットなので)艦橋のレーダーはプラ板細切りの自作ですが、かなりスケール感がアップしました。ドクロの窪んだ部分は、軽くスミ入れだけして悦に入っていたのですが、「黒で塗れ!」と師匠から説教、イヤイヤ黒で塗りつぶしたんですが(笑)今となってはこちらの方が良いですね。

                 

                フジミ1/20フェラーリ248F1、静岡ホビーショーに展示した際サイドポンツーンカウル合わせの隙間が大きく空いているのがあらためて気になり、意を決して分解。リアカウル裏とラジエーター上面・側面の干渉が原因だったので、リアカウル裏側をモーターツールで削り込み、さらにモノコック部分との合わせを丁寧に合わせました(縁部分なので下手に削るとクリヤー面がパリッと剥離して修正不可能になるので、耐水ペーパーで少しずつ慎重に削ります)ちょっと満足。ついでにモノコック上面に00番虫ピンでアンテナと0.8mmアルミパイプを埋め込んで、らしくしておきました。

                 

                タミヤ1/20マクラーレンMP4/5B、こちらも静岡ホビーショーに展示したもの。サスロッドのピンが外れていて緊急修理、ちゃんとした箱に入れていたので無くさないですみました。

                 

                今回は予定されていたプロモデラーさんの都合がつかず会えなかったのが残念でしたが、SO-MAさんとのマシンガントークや、FSS(ファイブスター物語)好きの方との限界トークとたくさん楽しんできました。
                最後に恒例の株式会社ウェーブ様提供賞品をじゃんけん大会!フレックスヤスリホルダーセットが当たりました!ありがとうございます。
                来年も開催予定との事、今から大期待です。

                カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:50 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                和歌山プラモデル合同展示会2018に展示予定
                0

                  今年も和歌山プラモデル合同展示会2018展示させて頂きます。

                   

                  日時 2018/7/15(日)12:00〜21:00 7/16(月・祝) 10:00〜18:00
                  場所 河南コミュニティーセンター2階(和歌山県和歌山市布施屋41番地)

                  私は16日に行く予定です。展示品は、カーモデルが静岡ホビーショーので展示したタミヤ1/20マクラーレンMP4/5B、フジミ1/20フェラーリ248F1の2点、キャラクターはバンダイ1/500宇宙戦艦ヤマト(旧キット)、1/1000アルカディア号、1/1600クイーンエメラルダス号を持って行く予定です。

                  よろしくお願いします。

                   

                  カテゴリ:模型イベント・展示会 | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  | 1/130PAGES | >>